エステサロンへの転職~アーユルヴェーダを習得~ エステサロンへの転職~アーユルヴェーダを習得~

実際の施術に役立つアーユルヴェーダのスキルを身に付けよう!

本場の国で多くの技術を習得

エステの転職の前に、アーユルヴェーダの本場であるインド・スリランカで基本のスキルを習得すれば、日本に戻って来たときに有利です。こちらでは、インドやスリランカに留学する場合の費用と学校選びについて紹介します。

アーユルヴェーダの本場での現状
近年、WHO(世界保健機構)にアーユルヴェーダが予防医学として登録されたことはご存知でしょうか。このことから国際的に注目されている今、アーユルヴェーダの医学科を開講する大学も増えています。アーユルヴェーダを本気で学びたいと考えている人で、学費と学習時間にゆとりがあるのなら、深く習得しても良いかも知れません。通常の大学の医学科同様に、学部で4年間学んだ後さらに専門分野を2~3年掛けて学び国家試験を受けます。無事に国家試験に合格できれば、「アーユルヴェーダ医師」として国に登録でき、医療機関で働くことができます。将来、自身でエステサロンを開業する際も、他と大きく差を付けられるでしょう。
インド・スリランカ留学で取得する場合に掛かる費用
大学ではなく通常の専門スクールでは、アーユルヴェーダセラピストのトレーニングを受けることができます。参加費・授業料・宿泊費を合わせて、6週間で450,000円になります。アーユルヴェーダの基本知識だけでなく、実技テストと座学テスト、さらには必要に応じて英語レッスンも付けることができるので、充実した留学になるでしょう。日本で同じ金額と時間を掛けて学ぶより、多くのメリットを得られます。アーユルヴェーダについてもっと深く習得したい人は、留学先となる学校について調べましょう。
日本語対応が可能な学校を選ぶべし
限られた時間の中で色々学びたい人にとって、言葉の壁はとても大きいです。語学習得も兼ねている場合は別ですが、アーユルヴェーダを集中的に学びたい人であれば、日本語が通じる専門スクールを選ぶべきでしょう。日本語が通じれば、聞きたいことをその時・その場で直ぐに聞くことができ、知識と技術の理解も早まります。「せっかく本場で学べるのに、勘違いしたままあやふやに覚えたくない」という人は、是非日本語が通じる専門スクールでアーユルヴェーダを学んでください。

英語や日本語で学べるかどうか、留学期間と費用、カリキュラムなどが自分に合っているかどうかを見極めた上で留学先の学校を選びましょう。また、「希望の就職先がどのような人材を求めているか」、「留学経験を評価してくれるかどうか」も留学を考える際に大事な指標となります。今後、どのように活かしたいかを具体的にイメージしながら考えましょう。

TOPボタン