エステサロンへの転職~アーユルヴェーダを習得~ エステサロンへの転職~アーユルヴェーダを習得~

アーユルヴェーダについて知った上で、エステの転職を考えよう

アーユルヴェーダの秘密に迫る

そもそも、アーユルヴェーダにはどのような歴史があるのでしょうか。どのような目的で行なわれているのか、深く掘り下げてみましょう。

アーユルヴェーダは、どこの国で生まれたんですか?
アーユルヴェーダ発祥の地は、インド・スリランカです。
最近誕生した技術ですか?
5千年以上も昔の古代インドで、「人々の健康を守り、長生きできるように」と考え出されたのがアーユルヴェーダです。アーユス(生命)とヴェーダ(心理・科学)が合わさり、「生命科学」を意味するアーユルヴェーダになりました。予防医学と治療医学の両方を包括するものであり、現在様々な研究機関から注目されています。アーユルヴェーダには「医食同源」の考え方もあるため、まさに人々の生活になくてはならないものだと言えます。
使用しているオイルには、どのような効果がありますか?
筋肉に入り込んだ余分な脂肪を分離させて代謝を上げる効果や、脂肪分と水分を分離させてむくみを取り脂肪を燃焼させやすくする効果があります。まんべんなく全身の代謝を高めることができるので、「痩せにくい」、「体が冷えやすい」、「疲れが溜まっていて、肌に透明感がない」という人におすすめです。使用されるオイルは、体質改善・美肌効果の高いものです。主なものに、「アヴィヤンガオイル」、「セサミオイル」、「ヒマシ油」、「ラッカセイ油」などがあります。施術部位によって使い分けたり、お店によって違いがあったりするなどとても奥深いです。どのようなこだわりで、どのオイルをセレクトしているのかを見れば、そのお店のこだわりやコンセプトが見えてきます。

由緒正しきアーユルヴェーダは、先人の知恵がたくさん詰まった美容法です。自分のエステ技術に取り入れたいなら、専門の資格を取得してみるのはいかがでしょうか。アーユルヴェーダの施術を行なっているエステサロンに転職して、スキルの幅を広げましょう。

TOPボタン